万が一のためにもがんに特化したがん保険に今から加入していれば、安心して治療することができます。

がん保険が持つ特徴

がん保険とは、「がん」と診断された時、診断給付金が給付されたり、がんによる入院・手術、死亡に対しても給付金や保険金が受取れる保険のことです。

がん保険とは異なり、普段の生活でよく耳にする医療保険は、医療保険は「病気や怪我で入院・手術した時に給付金が支払われる」保険です。もちろん「がん」で入院した際も含まれます。医療保険と比較し、がん保険のメリットは、まとまった給付金を一時金として受け取ることができ、入院給付金の支払いに制限がない為、入院が長期となってしまった際にもしっかり保障されます。

その一方でもちろんデメリットも存在します。がんに特化した保険の為、がん以外の病気やけがは保障の対象にはなりません。病気、けが、死亡保障をつけるなど、万一に備える為には特約をつけたり、別で保険に加入を検討しなければいけません。

治療期間の長期化や治療費が高額になりがちな「がん」の場合、医療保険では補償が不足してしまう部分がある為、内容をよく検討することが必要になります。がん保険では給付金の受け取り方、先進医療や通院治療が保障されるかなど、様々なチェックポイントがあります。加えて保険会社によっても内容が変わってくることに着目しながら保障や保険料を比較検討し、自分のライフスタイルに合ったがん保険を選ぶことが必要です。