万が一のためにもがんに特化したがん保険に今から加入していれば、安心して治療することができます。

がん保険でもしものときに備える

がん保険でもしものときに備える


がん保険、加入されていますか。身内にがんで亡くなった人もいないし自分ががんになるとは思えない、医療保険には入っているから必要ない、そんな風に思っている方もいますよね。

しかし、実際にはおよそ10人に3人の方が、がんが原因で亡くなっている方もいるのです。ある統計によると、一生涯のうちがんと診断される人の割合は、男性だと60パーセント、女性だと44.9パーセントとなっており、約半数の人ががんになる可能性があるということが分かります。

しかし、昔と違ってがんは治療できる病気です。早期に発見し、治療を開始すれば根治することもできる可能性があるのです。そのためにも、がん保険に加入することをおすすめします。がんの治療には高額な医療費がかかります。再発を繰り返すこともありますし、長期間の入院や手術、退院後にも通院や定期健診などの費用だけでなく、先進医療による治療を受けた場合には高額な費用が自己負担になります。

がんと診断された場合、医療保険ではカバーできません。また、がんが発覚してからすぐにがん保険に加入することもできません。万が一のためにもがんに特化したがん保険に今から加入していれば、安心して治療することができます。


新着情報news

2017年02月24日
ホームページを更新しました。